2018年2月18日 (日)

「羽生」と「羽生」・・・

同じ日に、五輪2連覇の羽生結弦 vs 藤井聡太に敗れた羽生善治・・・

羽生結弦にも国民栄誉賞かな・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月 6日 (火)

「訃報」・・・今頃になって、間違いに気づいた読み方

「訃報」(ふほう)
この漢字、今までずっと「とほう」と読んでいた・・・漢字って、たいてい右側が読みを表しているから・・・

他にも、過去にずっと間違いに気が付かずにいた漢字がある・・・

「珠玉」・・・「くすだま」?なんとなく、イメージで勝手に読んでいた。
「若干」・・・「わかせん」?「干」と「千」が似ていたので・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月23日 (火)

草津白根山

本白根山には22年前に登ったことがある。荒涼とした湯釜周辺とは対照的に、高山植物や笹原の広がる静かな山だったが、・・・まさかそっちが噴火するとは!
人間の浅知恵など、自然の前では無力・・・。

下の写真は登山当時のもの

Img_18012301


Img_18012302

こちらが鏡池

Img_18012303


Img_18012304

こんな場所から噴火するとは・・・もし登山シーズン中だったら、御嶽山の二の舞に・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月21日 (日)

ヒヤヒヤの一週間・・・

(その一)
先週月曜にちょっと体調をくずして、丸一日外出せずにいたその翌日、いざ出勤しようと車のキーを回したら・・・なんと、エンジンがかからない!! 何年か前にも、正月に家族で集まった時に、丸一日使わずにいた時にかかりにくかったことがあったが、今回はかなり深刻!セルを回し続けてもいっこうに点火反応がない・・・これは、ついに燃料ポンプが逝ってしまったか・・・20分近く奮闘するもまったく反応がなく、結局その場はあきらめて、急遽別の交通手段を探して、市営のコミュニティバスでなんとか(多少遅れたが)会社まで行った。
(最初は、会社を休んでディーラーを呼ぼうかと思ったが、よりによって定休日・・・)

・・・で、夜に帰宅してから、念のためもう一度キーを回してみると、あーら不思議!?何事もなかったように”ボン!”とエンジンがかかった??? 朝のあの騒ぎはなんだったのか。その後も、車は快調に動いている・・・
あの日は、特別に寒かったわけでもないのに、何なんだ!
ちなみに、当日は仏滅だった・・・

(その二)
先週、曽源寺さざえ堂を見に行った帰りに、カメラが故障した。・・・と思っていたが、ふと、背面の”DISP”というボタンがあったので押してみたら、真っ黒だったモニターに映像が写った! なんのことはない、モニターの表示/非表示のボタンが、知らないうちに押されていただけだった・・・。

ヤレヤレ・・・の一週間だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月14日 (日)

さざえ堂 in 太田市

太田市にある、日本三大さざえ堂の一つ「曹源寺」。補修工事が終わってこの正月から公開されているので、行ってみた。福島・会津、埼玉・本庄と並ぶさざえ堂のなかで、最大規模ということらしい。

Img_18011401


Img_18011402


Img_18011403

内部は3層になっていて、内側が上り、外側が下りとなっている二重の通路を時計まわりに巡り、一度もすれ違うことなく、百体の観音菩薩を参拝しながら進む。

Img_18011404


Img_18011405


Img_18011406


Img_18011407

こちらは、境内にある立札。

Img_18011408


Img_18011409

帰りまぎわに、もう2~3枚写真を・・・と思っていたら、突然カメラが故障し、モニターが真っ黒!年の初めから、ついてない・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月 4日 (木)

そうだ、京都へ行こう ~戌年編・Part2~

2日目の朝、ホテルを出発してコインロッカーに荷物を預け、まずは、地下鉄と市バスを乗り継いで「三宝寺」へ向かう。
朝起きた時は晴れていたのに、バスで移動し始めると小雪が舞い始めた。(傘はいらないと思って置いてきてしまったのに・・・)三宝寺バス停に着くと周囲の家の屋根は雪が積もっていた。
事前の調べではバス停から徒歩5分とあるが、見回しても案内板はない。すぐ近くの坂道や横道に入ってみたが、どうも場所が違う・・・で、20分近く迷った末、バス停からさらに200m先に参道入り口があって、そこから坂道を登ったところが三宝寺だった・・・。(なんで、バス停がこんなに離れているんだか・・・)

Img_18010408

境内のわきの石段を登ってゆくと妙見堂が見えてくるが、その手前の石段のわきに、子宝犬の石像がある。

Img_18010409


Img_18010410


Img_18010411

雪はすでに止んでいるが、屋根や石灯籠にうすく積もっていて、寒い。
境内の隅では、ここで飼っているらしい秋田犬が、ずっと吠えている・・・。

Img_18010412

三宝寺をあとに、JRバスで栂ノ尾・「高山寺」へ向かう。周囲の木々が雪で白くなっている中、バス停のそばの裏参道を登って、高山寺・石水院へ。

Img_18010413


Img_18010414

靴を脱いでの拝観なので、足が冷たい・・・。室内には有名な鳥獣戯画の他、お目当ての、木彫りの子犬がある。

Img_18010415


Img_18010416

その後、境内を散策し金堂まで周ってみた。(ここら辺は、紅葉シーズンはきれいなんだろうな・・・。)
高山寺をあとにJRバスで市内に戻り、毎年恒例の護王神社を参拝したのち、「下御霊神社」へ行ってみた。

Img_18010417

ここのお目当ては”笑う狛犬”。”阿・吽”の向かって右側の”阿”の表情が、笑っているように見える。

Img_18010418

この狛犬をデザインした犬みくじも売っている。(この時は”大吉”だった)

Img_18010419

さて、いったん京都駅に戻って昼食のあと、市バスで泉涌寺方面に向かう・・・が、食後の居眠りでうっかり「泉涌寺道バス停」を通りすぎてしまい、九条車庫まで行って、また引き返すはめに・・・。(いつもは、旅先では昼食はとらないのだが・・・)
泉涌寺の総門のそばにある、「即成院」。門の屋根にはりっぱな鳳凰。

Img_18010420


Img_18010421

境内に入ると、”阿吽犬”の像がある。

Img_18010422


Img_18010423


Img_18010424

境内には変わったオブジェもある。ネジネジのものは、世界の平和と繁栄を祈願。球体は、台座には社運向上祈願とあるが、実態は説明板によると美肌祈願らしい。

Img_18010425


Img_18010426

予想外に時間が遅くなったが、最後に泉涌寺の境内を拝観してから、帰路についた。ひざが痛くなってきたので、確実に座れる「こだま号」で帰ってきた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月 3日 (水)

そうだ、京都へ行こう ~戌年編・Part1~

正月恒例の、干支にちなんだ寺社巡りで京都へ・・・が、初日は途中下車して名古屋へ。
その名もずばり、「伊奴(いぬ)神社」を訪れた。

地下鉄を乗り継ぎ、庄内通で下車して10数分ほど歩いてゆくと・・・なんと、長い行列が出来ていた。今年は人気があるらしく、警察も出動して入場規制をしていた。

Img_18010401


Img_18010402


Img_18010403

寒い中、35分ほど待たされてやっと境内へ。

Img_18010404

拝殿の前には、お目当ての犬の石像「犬の王」。お腹の下にはたくさんの子犬・・・というか、犬みくじが・・・。

Img_18010405


Img_18010406


Img_18010407

犬のご利益というのは安産・子宝で、自分には直接関係はないが・・・と、いうことで、今日はここだけ見て京都へ行き、ホテルに。(つ・づ・く・・・)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月25日 (月)

ブレーキとアクセルの踏み間違え・・・

最近この手の事故のニュースをよく聞くが、はたして、ブレーキとアクセルってそんなに踏み間違えるものだろうか?
ふと思ったのだが、最近の車のサイドブレーキは「手で引く」代わりに「足で踏む」ものが多く見受けられる。つまり、A/Tの場合ペダルの数が1つ多く3つ存在する。もしかしたら、そのことも関係しているのではないだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月18日 (月)

CH53E・・・やりたい放題の駐留米軍

「ヒューマンエラーで、機体に問題ない」・・・
いったい、どういう手順で窓が落ちるのか? 明らかに詭弁だ!
そもそも、”ヒューマンエラー”なら何が起こってもかまわないというのだろうか・・・詭弁以外の何物でもない!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月 3日 (日)

石碑の道(上野三碑)ウォーキング

ダイエットも兼ねて、上野三碑の、山ノ上碑~金井沢碑の間にある「石碑(いしぶみ)の道」を歩いてみた。
車をどこに止めようかと考え、ゴール地点の金井沢碑駐車場に置き、徒歩と上信電鉄で山ノ上へ移動してから・・・と思っていたが、・・・そういえば、「三碑めぐりバス」というのがあった!
運よく、ちょうど発車予定時刻を迎え、ほとんど待たずに乗れた。

01

山ノ上の乗降場まで15分ほど。無料で運行しているというが、世界遺産なのだから少しくらいお金をとってもよさそうな気がする。ちなみに、降りる時は運転手さんに声をかけないと止まらずに先に行ってしまうので注意。

02

乗降場から集落を通って山ノ上碑へ。

03

となりの山ノ上古墳の内部はこんな感じ

04

木漏れ日の中、落ち葉の積もった山道を進む。

05

ルート上の所々に、石碑とそこに彫られた歌の説明板が立っている。

06

山ノ上碑から5分ほどで山名城址への分岐に着く。

07

ベンチのある城跡へ往復10分ほど。

08

さらに10分ほどで、根小屋城址への分岐に着く。ここまででコース全体の1/3。思ったより早いので、城跡まで行ってみることに。

09

根小屋城址の直下は周回コースになっていて、反対の東側から本丸跡に上がる。

10


11


12


13

三角点のある広々とした根小屋城跡。

14


15

根小屋城址まで往復30分ほど。その後、金井沢碑をめざす。
分岐点から30分ほど歩いて、七曲り(の跡)の坂を下れば車道はすぐである。

16


17


18

車道に出て10分ほど歩けば、ゴールの金井沢碑である。

19


20

前半は思っていたより短く、それでも歩行時間は1時間40分。

Coursetime

風もなく穏やかで、行動中は少し汗ばむくらいで上着がいらないくらい。ちょうどいいウォーキングとなった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«ゆうちょ銀行の「支店名」の入力方法