2017年9月18日 (月)

岩木山登山

最近また登山欲が湧きつつあり、先週の岩櫃山に続いて東北の岩木山へ。
台風が接近しつつあり天気が微妙ではあるが、せっかくの連休の中日なので・・・。
昔みたいに体力があればふもとから登りたいところだが、日帰りで八合目からの軟弱コース。

なんとか雨は降っていないが、山頂はガスっている。

Img_17091701

嶽温泉でバスの乗り換えを待つ間、山頂方面のガスが一時的に晴れた。

Img_17091702

名物の「嶽きみ」。嶽温泉の周辺では、とうもろこしが栽培されている。

Img_17091703


Img_17091704

八合目に着くとぐっと気温が下がり、半そででは寒い。

Img_17091705

行きは、リフト脇の登山道を登ってゆく。ところどころ石がゴロゴロした道が続く。

Img_17091706

登山道の途中から日本海を望む。

Img_17091707

30分で分岐点の鳥ノ海噴火口に着くと、ガスと共に強風が吹き荒れて、飛ばされそうな感じ。気のせいか、硫黄の臭いを感じる。

Img_17091708

この先、山頂まで岩ゴロ道が続く。風も強い。

Img_17091709

八合目から、1時間ちょっとで山頂に到着。山頂は比較的風は弱いが、ガスで展望なし。

Img_17091710

岩木山神社の奥の院。この向こうからは強風が吹いてくる。

Img_17091711

下りも岩ゴロ道を降りてゆく。先が見えないので時間が長くかかるような感じがする。
帰りはひざを痛めないよう、鳥ノ海から分岐してリフトに乗る。(歩いても大して時間はかからないので、そっちの方でもよかったのだが・・・)
リフトから、駐車場と左側にスカイラインの一部が見える。

Img_17091712

リフトで10分。帰りのバスまで時間が余り、休憩所でおにぎりを食べる。帰りは、他の登山道から登ってきた人たちも乗ってくるので、シーズン最盛期にはけっこう混むかもしれない。

新青森を出発するまで雨は降らず天気がもった。でも、山頂からの展望がなく、もう一度天気の良いときに再挑戦してみたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月14日 (木)

「瀬古の流星」が廃止に・・・

秋の祭り・・・と言えば私の場合、龍勢祭りを思い浮かべる。
秩父の龍勢、静岡の草薙大龍勢、朝比奈大龍勢(1年おき)の3大龍勢祭りの他に、滋賀県の米原の流星(不定期)、そして、滋賀県の「瀬古の流星」というのがあるのだが、とあるサイトを見たら、2015年を最後に「瀬古の流星」は廃止されたらしい・・・残念!一度見てみたかったが・・・。
他の龍勢祭りと違って、曜日に関係なく9月12日の日付指定で行われるため、なかなか見る機会がない・・・定年になったら、ゆっくり見てみようと思っていたのに・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月11日 (月)

3年ぶりの登山・・・岩櫃山

3年前に黒滝山に登って以来、登山らしい登山にはご無沙汰だったが、久しぶりに足を延ばして、群馬100名山の中で未踏の岩櫃山に登ってみた。

Img_17091001

ここ2~3日暑さが戻りながらも伊勢崎よりは涼しいと思って来てみたが、けっこう日差しが強い・・・。
平沢登山口から、行きは沢通りコースを登る。風もなく湿気が多く、周りに虫がまとわりつく。

Img_17091002


Img_17091003

登山道を歩いていると、ところどころに栗の実が落ちている。熊かなにかが食い散らかしたのだろうか?

Img_17091004

櫃の口から鎖や梯子が現れはじめ、八合目の稜線に着くとやっと涼しい風が吹いてきた。さらに、九合目の岩峰(見晴台)に登ると、目の前に山頂が現れる。(・・・えっ、あそこに登るのか・・・)けっこうスリリング

Img_17091005

見晴台を鎖でいったん下り、やせ尾根を進んでほどなく山頂直下に着く。

Img_17091006

最後の鎖を登って、狭い山頂に到着。(登山口から正味1時間)

Img_17091007

山頂から、見晴台方面を望む。

Img_17091008

山頂からの下りは、鎖をつかむ手が汗ですべり、必死だった。
帰りは、櫃の口から尾根通りコースに進む。
途中にある天狗岩。三角形の石が鼻に見える。

Img_17091009

下山中、時々カサコソと音がする。もしや熊?と思いきや、正体は栗の実が木の上から落ちてくる音だった。イガの付いてない状態のものもたくさんある。

山頂から正味40分で岩櫃城の本丸跡に到着し、ここで昼食。あとは15分ほどで登山口駐車場に着く。

Img_17091010

まだ夏の余韻が残っていて、汗だくの山歩きだった。時間と体力があれば”天狗の架け橋”にも行ってみようかと思っていたが、思ったより暑く、また予想外の鎖の連続で神経をすり減らし、もはや気力なし・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月20日 (日)

新幹線の駅数が多い都道府県2

以前、北陸新幹線開業時に新幹線の駅数について投稿したが、その後北海道新幹線が加わり、最近ブログ記事へのアクセスが多くなっているので、修正も含めて表にまとめてみた。

Img_170820


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 2日 (日)

エアコンの風が、右半分しか出てこない・・・で、掃除してみた

梅雨入りしてから、このところエアコンの効きが悪い・・・で、ふと吹き出し口に手をかざしてみると・・・なんと、左半分からはほとんど風が出ていない!
送風はシロッコファン一本で行っているのに、なぜ片側だけ?
そこで内部を見てみると、左右でファンの汚れ具合に大きな差があることが判明。

<東芝 RAS-2214D>
こちらが右側の状態。取り付けて3年でこのくらい。

Img_17070101

そしてこちらが左側。明らかに右側よりひどい。

Img_17070102

なぜ左右でこんなに差があるのか?
このエアコンは左側を壁に寄せて取り付けてあり、あるいは、サブのルーバーをいつも右側に向けている影響で、左側に埃が溜りやすいのか?・・・

Img_17070105

いずれにしても、梅雨明けを前に送風ファンを掃除してみた。
せまい送風口から古い歯ブラシなどを使い、1時間ほどがんばってシコシコと掻き落とした。

Img_17070103

こちらが掃除後のファン。まだ内部に多少残っているものの、これくらいやれば十分だろう・・・。

Img_17070104

その後スイッチを入れてみると、両側とも冷たい風が出てきた・・・。
それにしても、エアコンのファンも扇風機のように取り外して洗えると掃除も楽なんだけど・・・表に付いているフィルターよりも、シロッコファンは埃に弱い!

●おまけ
このエアコン、昨年あたりから、冷房運転中に時々上下ルーバーが勝手に開閉する症状が現れて始めた。マニュアルを見ると、暖房運転中に起こることは書かれてあったが、冷房運転については全くふれていない。リモコンで自己診断を行ってみたが、全くエラーは無し・・・。
ところが、今回ファンの掃除をしたところ、以後症状は出なくなった。
片側だけ風が出ないので、冷却器の能力に左右のアンバランスが生じたため、異常動作をしていたのだろうか?・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月27日 (火)

「非難で命は救えない・・・」

今日のNHKニュースで紹介されていた、シリアの少女の言葉。
「非難では命は救えない、行動することで命は救われる。」

直接紛争に関わってない諸外国は、非難をすることで自分たちの立場を "アピール" しているが、紛争当事者から見れば、何の救いにもならない "ヤジ" でしかない・・・

日本の対外姿勢もまたしかり・・・ミサイル実験にただ抗議するだけ、領海侵犯にただ抗議するだけ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 4日 (日)

『マイノリティー・リポート』 と 「テロ等準備罪」の関係・・・

フジテレビで放送していた『マイノリティー・リポート』は、いま話題の「テロ等準備罪」を考えさせる内容だった。

「まだ法を犯していない人間を逮捕するのは、憲法違反では?」 「いずれは犯す」
「寸前で考えを変えたら?」 「プリコグが見るのは、意志でなく行動だけ・・・」

意志より行動で判断するという点では、テロ等準備罪も同じじゃないかという感じがするのだが・・・

「いくらボールを止めても、それが落ちようとしていたことに変わりはない」
・・・でも、人間はボールとは違う。自分の意志で止まることもできる。実際、アンダートンはクロウを殺そうとするが、思いとどまった・・・(結局は、策略によって殺すことになるが・・・)

SF映画が現実になりつつある今日このごろ・・・
映画の中では、システム導入の是非を国民投票で決めているが、現実の世界では一握りの国会議員が決定しようとしている・・・あな、恐ろしや

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月23日 (火)

5月なのに・・・

4日連続の真夏日・・・今からこれでは、先が思いやられる

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月10日 (水)

6月から、郵便はがきの値上げ・・・

帰宅したら、ポストに郵便局からのお知らせが・・・なんと、6月からはがきが値上げ!
(日本郵政のプレスリリースでは、2月に公表されていたらしいが、私は初耳だ・・・)

ただ、値上げされるのは普通はがきのみで、年賀はがきは据え置きということらしい。それでは、余った年賀はがきを通常はがきとして使えないのかというと、”お知らせ”の下の方に小さな字で、

「年賀はがきの料金が適用されるのは、12月15日から1月7日までの期間に差し出されたもの」とある。
つまり、同じ年賀状でも1月7日を過ぎて出す場合は10円切手を貼らなければならないということだ。・・・ああ、めんどくさい・・・

ちなみに、私の手元には「50円」時代に買い置きしたはがきが30枚以上残っている。あとで何とかしようと思っているうちに、2度も値上げするとは・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 6日 (土)

小野・弥彦神社御柱祭2017 <動画>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«諏訪大社だけじゃない2017 ~塩尻・辰野(3)~