2017年7月 2日 (日)

エアコンの風が、右半分しか出てこない・・・で、掃除してみた

梅雨入りしてから、このところエアコンの効きが悪い・・・で、ふと吹き出し口に手をかざしてみると・・・なんと、左半分からはほとんど風が出ていない!
送風はシロッコファン一本で行っているのに、なぜ片側だけ?
そこで内部を見てみると、左右でファンの汚れ具合に大きな差があることが判明。

<東芝 RAS-2214D>
こちらが右側の状態。取り付けて3年でこのくらい。

Img_17070101

そしてこちらが左側。明らかに右側よりひどい。

Img_17070102

なぜ左右でこんなに差があるのか?
このエアコンは左側を壁に寄せて取り付けてあり、あるいは、サブのルーバーをいつも右側に向けている影響で、左側に埃が溜りやすいのか?・・・

Img_17070105

いずれにしても、梅雨明けを前に送風ファンを掃除してみた。
せまい送風口から古い歯ブラシなどを使い、1時間ほどがんばってシコシコと掻き落とした。

Img_17070103

こちらが掃除後のファン。まだ内部に多少残っているものの、これくらいやれば十分だろう・・・。

Img_17070104

その後スイッチを入れてみると、両側とも冷たい風が出てきた・・・。
それにしても、エアコンのファンも扇風機のように取り外して洗えると掃除も楽なんだけど・・・表に付いているフィルターよりも、シロッコファンは埃に弱い!

●おまけ
このエアコン、昨年あたりから、冷房運転中に時々上下ルーバーが勝手に開閉する症状が現れて始めた。マニュアルを見ると、暖房運転中に起こることは書かれてあったが、冷房運転については全くふれていない。リモコンで自己診断を行ってみたが、全くエラーは無し・・・。
ところが、今回ファンの掃除をしたところ、以後症状は出なくなった。
片側だけ風が出ないので、冷却器の能力に左右のアンバランスが生じたため、異常動作をしていたのだろうか?・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月27日 (火)

「非難で命は救えない・・・」

今日のNHKニュースで紹介されていた、シリアの少女の言葉。
「非難では命は救えない、行動することで命は救われる。」

直接紛争に関わってない諸外国は、非難をすることで自分たちの立場を "アピール" しているが、紛争当事者から見れば、何の救いにもならない "ヤジ" でしかない・・・

日本の対外姿勢もまたしかり・・・ミサイル実験にただ抗議するだけ、領海侵犯にただ抗議するだけ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 4日 (日)

『マイノリティー・リポート』 と 「テロ等準備罪」の関係・・・

フジテレビで放送していた『マイノリティー・リポート』は、いま話題の「テロ等準備罪」を考えさせる内容だった。

「まだ法を犯していない人間を逮捕するのは、憲法違反では?」 「いずれは犯す」
「寸前で考えを変えたら?」 「プリコグが見るのは、意志でなく行動だけ・・・」

意志より行動で判断するという点では、テロ等準備罪も同じじゃないかという感じがするのだが・・・

「いくらボールを止めても、それが落ちようとしていたことに変わりはない」
・・・でも、人間はボールとは違う。自分の意志で止まることもできる。実際、アンダートンはクロウを殺そうとするが、思いとどまった・・・(結局は、策略によって殺すことになるが・・・)

SF映画が現実になりつつある今日このごろ・・・
映画の中では、システム導入の是非を国民投票で決めているが、現実の世界では一握りの国会議員が決定しようとしている・・・あな、恐ろしや

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月23日 (火)

5月なのに・・・

4日連続の真夏日・・・今からこれでは、先が思いやられる

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月10日 (水)

6月から、郵便はがきの値上げ・・・

帰宅したら、ポストに郵便局からのお知らせが・・・なんと、6月からはがきが値上げ!
(日本郵政のプレスリリースでは、2月に公表されていたらしいが、私は初耳だ・・・)

ただ、値上げされるのは普通はがきのみで、年賀はがきは据え置きということらしい。それでは、余った年賀はがきを通常はがきとして使えないのかというと、”お知らせ”の下の方に小さな字で、

「年賀はがきの料金が適用されるのは、12月15日から1月7日までの期間に差し出されたもの」とある。
つまり、同じ年賀状でも1月7日を過ぎて出す場合は10円切手を貼らなければならないということだ。・・・ああ、めんどくさい・・・

ちなみに、私の手元には「50円」時代に買い置きしたはがきが30枚以上残っている。あとで何とかしようと思っているうちに、2度も値上げするとは・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 6日 (土)

小野・弥彦神社御柱祭2017 <動画>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 5日 (金)

諏訪大社だけじゃない2017 ~塩尻・辰野(3)~

3日目は、小野・四之柱と弥彦・一~四之柱の建御柱。
弥彦神社の周辺は塩尻市だが、神社境内だけ辰野町の飛び地になっている。(隣の小野神社は塩尻市)
社殿ごとに祭神が異なっているらしいが、正殿の祭神は「大国主命」。

Img_17050501

弥彦・一之柱。予定表では8時から建御柱となっていたが、実際に上がり始めたのは9:45頃。

Img_17050502

弥彦の御柱の頭は平端のままになっている。

Img_17050513

垂れ幕には「弥彦四」の文字があるが、これは一之柱である。

Img_17050503

弥彦・二之柱(手前)と一之柱(奥)。二之柱は予定通り10時頃から上がり始めた。

Img_17050504


Img_17050505

弥彦・三之柱

Img_17050506


Img_17050507

小野・四之柱

Img_17050508


Img_17050509

弥彦・四之柱。最後の宝投げで、再びゲット!(中身は5円玉)

Img_17050510


Img_17050511


Img_17050512

16:00頃には全ての行事が無事終了した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 4日 (木)

諏訪大社だけじゃない2017 ~塩尻・辰野(2)~

2日目、午前中は弥彦・一~四之柱の曳行、午後は小野・二~三之柱の建御柱を見物。

一番太い、弥彦・一之柱(目通し周囲3m)。小野神社の御柱はアカマツで、弥彦神社の御柱は皮むきされたモミの木を使っているらしい。

Img_17050401

難所・神社裏の狭い交差点を曲がる。

Img_17050402

鳥居をくぐって境内へ

Img_17050403

曳き付けの済んだ弥彦・二之柱(右)と、その脇を通る三之柱

Img_17050404_2

神社の反対側の脇を曳かれてゆく弥彦・四之柱

Img_17050405

小野・二之柱の建御柱

Img_17050406


Img_17050407

小野・三之柱の建御柱

Img_17050408


Img_17050409

宝投げでは、自分もお宝ゲット!

Img_17050410

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 3日 (水)

諏訪大社だけじゃない2017 ~塩尻・辰野(1)~

諏訪大社から一年遅れの酉年に行われる、小野・弥彦神社の御柱祭。
前回初めて訪れた時は、最終日の弥彦神社の建御柱だけを見物していたが、今回は3日間を通して観てやろうと、ホテルに連泊・・・。

初日の今日は、小野一之柱の建御柱が行われた。
ご祭神は、Nスペでおなじみの「タケミナカタ」

Img_17050301

JRを乗り継いで到着したときは、踏切を横断するところだった。

Img_17050302

設置場所に曳きつけられた一之柱。

Img_17050303

冠落とし後。ここの御柱の先端は、とがらせずに台形に仕上げてある。

Img_17050304

乗り手の中には女性の姿も(先頭から4番目)

Img_17050305


Img_17050306

柱が立ち上がると、こんな空中パフォーマンスも・・・

Img_17050307

午後3時過ぎ、事故もなく無事に終了。

Img_17050308

小野・弥彦御柱祭では、全ての柱が異なるルートで曳行される。おおむね午前中に曳行が終わり、午後は建御柱が行われるという感じのスケジュール。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月16日 (日)

宝くじ券の取り消し・・・

いつものようにナンバーズ・ロトを購入したものの、ちょっと気持ちが変わって、一部を取り消してもらおうと売り場に行ったのだが、店員から事務所のほうに問い合わせをした結果、
「買ったその場でないと取り消しできません」
と言われた・・・あー残念、せめて取り消しできなかった券が当たってくれればよいが・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«「長嶋茂雄」などの”嶋”という漢字・・・