« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2016年10月

2016年10月29日 (土)

貫前神社・御仮殿上棟祭 in 富岡市 <動画>

貫前神社で行われた御仮殿の上棟祭。12年に一度のイベントを見物に多くの市民が集まり、観光バスでやってきた団体もいた(製糸場との合わせ技か)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月23日 (日)

土師神社の流鏑馬2016 in 藤岡市 <動画>

群馬県藤岡市の土師神社で行われた秋祭り。この神社では年2回祭りがあり、秋の祭りでは流鏑馬が行われる。今日は3名×4回の演技が行われたが、いまいち命中率が低かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月22日 (土)

権力者目線のスウェーデン・アカデミー

自分たちで勝手に選んでおきながら、ボブ・ディランから連絡がないことに対して、無礼者呼ばわりしている選定委員会の”本性”を見た気がする。自分たちを何様だと思っているのか。いったい、ノーベル賞って何なんだ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月17日 (月)

調布でも御柱祭!?・・・

こんな記事みつけた。
調布市にある学生寮での御柱祭。

http://www.nagano-np.co.jp/articles/9323

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月15日 (土)

3日後・・・

立柱祭から3日後、再び貫前神社を訪れてみると御仮殿の建設が進んでいた。

Img_16101501

奥の方に、布に巻かれた「真御柱」が見えている。御仮殿が完成すると、たぶん外からは見えなくなるだろう。

Img_16101502

境内に貼ってあった遷宮祭のポスター(クリックで拡大)。

Img_16101503l

残念ながら全て平日だが、初日は月曜なのでうまくすれば休暇をとって・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月12日 (水)

貫前神社の立柱(リッチュウ)祭

富岡市の市長さんのブログでは、10/19に立柱祭が行われるとあったが、先ほどなにげに群馬テレビを見ていたら、今日行われた立柱祭の様子が放送されていた・・・まあ、どっちみち平日なので見られないが・・・。
どうせなら、もっとPRして観光客を集めればいいのに・・・。

ということで、上毛かるた「ゆ」

Jomokarutayu

諏訪大社が信濃国一之宮なら、こちらは上野国一之宮。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月 9日 (日)

今日の貫前神社 in 富岡市

12年に一度の式年遷宮を迎える一之宮貫前神社で、10/1に地鎮祭が行われ、仮本殿の建立が始まったようだ。

Img_16100901


Img_16100902

神社前に安置してあった「真御柱」も製材され、八角形に整えられていた。これを仮本殿の中心に立てる「立柱祭」が10/19(正しくは10/12)に行われるらしいが、週のど真ん中の平日で見られないのが残念・・・。

Img_16100903

ところで・・・これはいったい何に使うのだろうか?・・・謎の道具

Img_16100904


Img_16100905


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年10月 2日 (日)

茅野市・御座石神社小宮御柱祭2016 <動画>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

諏訪大社だけじゃない2016#14 ~秋の小宮祭・茅野市本町区~

秋の小宮祭巡り、今回は茅野市の御座石神社。ここでは、柱を建てる代わりに鳥居を建立するというので、どんなものか見物にきてみた。
午前10時半過ぎ、茅野駅からバスでやってくると曳行の休憩中で、太鼓や踊りなどの余興が行われていた。
11:30頃から曳行再開した、一之柱と二之柱。

Img_16100201


Img_16100202

12:10~20頃、神社の境内に到着。

Img_16100203


Img_16100204

御座石神社の境内には、その名の通り、いろいろな石がある。

Img_16100205


Img_16100206


Img_16100207


Img_16100208

曳行された御柱は、それぞれ2本ずつに切断されて木造りされてゆく。

Img_16100209


Img_16100210


Img_16100211

作業で出た木端は、子供のおもちゃに・・・。

Img_16100212

現場にあった図面によると、全高は6.15m、地上部分は5.25m。(地元紙の記事では4mとなっていたが・・・)

Img_16100213

鳥居が完成するまでの間、境内では太鼓の演技(地元に伝わる”どぶろく太鼓”)や踊り、ビンゴ大会などの余興が行われている。

Img_16100214


Img_16100215

境内の隅では子供たちによる餅つき

Img_16100216

14:30頃から、鳥居の組み立てが始まる。当然のことながら、釘は一本も使わない。

Img_16100217

15:45頃、ワイヤーがかけられ建立の準備が整うと、”笠木”の上に、6名の小学生が乗ってゆく。

Img_16100218


Img_16100219

さらに若連も乗り込んで総勢約18名が乗った。

Img_16100220

16:25頃から、こども木遣りとともに鳥居が建てられてゆき、15分ほどで垂直になった。

Img_16100221


Img_16100222

一時、勢い余って反対側に倒れそうになるハプニングもあったが、なんとか引き戻された。裏側にも数人が乗っており、重すぎてバランスを崩したようだ。

今回も、祭りのスケジュールが全く分からない状態でやってきたが、鳥居が建つところまではしっかりと見物できてよかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »