« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

2017年1月

2017年1月29日 (日)

イトーヨーカドー藤岡店・ファイナル

鳩のマークの百貨店が、酉年に閉店とは・・・
これで群馬県内の店舗は伊勢崎店のみになってしまった。
ちなみに、北関東では栃木が2店、茨城が3店ということで、最下位になった(魅力度では北関東トップなのに・・・)

Img_170129


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月26日 (木)

北京五輪の400リレーで、ジャマイカ失格?・・・

8年もたった今になって、何を言ってるんだ!?
バカじゃねーの・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チョコレート焼きそば・・・

わが地元の食品メーカーが、いったい何を考えて作ったのか・・・・
巷で話題の「チョコレート焼きそば」を食べてみた。

Img_17012501


Img_17012502

麺はふつうの焼きそば用のもので、ソースがチョコレートペーストになっているだけ。まあ、スィーツだと思えば食べられないこともないが・・・胃にもたれそう・・・
商品名の「ギリ」は、”義理チョコ”のつもりで付けたのだろうか?私から見れば”ギリギリ・・・”と受け取れる。
メーカーの必死さが伝わってくるようで・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月 9日 (月)

酉年の抱負・・・?

酉年というと、たいていの人は「鳥のように飛躍・・・」と言うが、”にわとり(鶏)”って空は飛べないんだよな・・・羽根をバタバタさせて、もがくだけ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月 4日 (水)

そうだ、京都へ行こう ~酉年編~

正月恒例、干支にちなんだ寺社巡り・・・

<三宅八幡宮>~子どもの守り神~
八幡の ”八” の字が、向かい合った鳩の形をしている。ここでは、鳩は神の使いとされている。
鳥居の両側には ”狛鳩” が参拝者を迎えている。

Img_17010401_2


Img_17010402

境内の灯篭には ”神鳩” 。金の首輪がある方がオスらしい。

Img_17010403

参道の茶屋では、名物 ”鳩餅” が売られているが、この日は午後遅くだったため、すでに売り切れ・・・。

Img_17010404


Img_17010405


<六角堂(頂法寺)>~聖徳太子が創建~
ビルの谷間にあって、どっしりと構える建物。ここには”へそ石”があり、京都の中心とされている。

Img_17010406

境内には、無数の鳩が歩きまわっている。

Img_17010407

名物 ”鳩みくじ” との2ショット

Img_17010408


Img_17010409

売店の壁には、鳩時計・・・

Img_17010410

境内の池には白鳥(近づくと噛みつかれるらしい・・・)

Img_17010411

表情がかわいい ”十六羅漢” (クリックで拡大)

Img_17010412l


<天寧寺>
街中の一角にある静かな寺。

Img_17010413

特に、鳥と縁のある寺ではないが、境内にポツンと立っている鶏の石像 ”諌鼓(カンコ)鶏”

Img_17010414


<田中神社>~孔雀に会える神社~
全国の「田中さん」ゆかりの地とされている

Img_17010415

境内に入ると、小屋の中で孔雀が飼われている

Img_17010416


Img_17010417

社務所で売られている、卵型の孔雀みくじ。最後の一個だったが、係の人が見当たらず、境内を散策している間に買われてしまった・・・

Img_17010418


<宇治平等院>
世界遺産の鳳凰堂(クリックで拡大)

Img_17010419l

屋根の鳳凰。オスが鳳でメスが凰とされているが、ここでは雄雌の区別はないらしい。

Img_17010420

鳳凰堂内の拝観は平等院全体とは別料金で、整理券方式となっている。
朝9時半の時点で40分待ち。それまで、ミュージアムを見学して時間をつぶす。

Img_17010421


○おまけ
宇治駅前で見つけた、茶壺型の郵便ポスト。

Img_17010422

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年1月 2日 (月)

群馬県は、日本で2番目に地盤が安定しているらしい・・・

上毛新聞の記事によると、
群馬県は沖縄に次いで日本で2番目に地盤が安定していると、民間地盤解析会社「地盤ネット総合研究所」が公表しているらしい。液状化や浸水のリスク、土砂災害など、独自の基準で評価したものらしいが・・・。
ただ、5位に熊本県が入っているというところが、信憑性に欠ける・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »