« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »

2017年5月

2017年5月23日 (火)

5月なのに・・・

4日連続の真夏日・・・今からこれでは、先が思いやられる

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月10日 (水)

6月から、郵便はがきの値上げ・・・

帰宅したら、ポストに郵便局からのお知らせが・・・なんと、6月からはがきが値上げ!
(日本郵政のプレスリリースでは、2月に公表されていたらしいが、私は初耳だ・・・)

ただ、値上げされるのは普通はがきのみで、年賀はがきは据え置きということらしい。それでは、余った年賀はがきを通常はがきとして使えないのかというと、”お知らせ”の下の方に小さな字で、

「年賀はがきの料金が適用されるのは、12月15日から1月7日までの期間に差し出されたもの」とある。
つまり、同じ年賀状でも1月7日を過ぎて出す場合は10円切手を貼らなければならないということだ。・・・ああ、めんどくさい・・・

ちなみに、私の手元には「50円」時代に買い置きしたはがきが30枚以上残っている。あとで何とかしようと思っているうちに、2度も値上げするとは・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 6日 (土)

小野・弥彦神社御柱祭2017 <動画>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 5日 (金)

諏訪大社だけじゃない2017 ~塩尻・辰野(3)~

3日目は、小野・四之柱と弥彦・一~四之柱の建御柱。
弥彦神社の周辺は塩尻市だが、神社境内だけ辰野町の飛び地になっている。(隣の小野神社は塩尻市)
社殿ごとに祭神が異なっているらしいが、正殿の祭神は「大国主命」。

Img_17050501

弥彦・一之柱。予定表では8時から建御柱となっていたが、実際に上がり始めたのは9:45頃。

Img_17050502

弥彦の御柱の頭は平端のままになっている。

Img_17050513

垂れ幕には「弥彦四」の文字があるが、これは一之柱である。

Img_17050503

弥彦・二之柱(手前)と一之柱(奥)。二之柱は予定通り10時頃から上がり始めた。

Img_17050504


Img_17050505

弥彦・三之柱

Img_17050506


Img_17050507

小野・四之柱

Img_17050508


Img_17050509

弥彦・四之柱。最後の宝投げで、再びゲット!(中身は5円玉)

Img_17050510


Img_17050511


Img_17050512

16:00頃には全ての行事が無事終了した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 4日 (木)

諏訪大社だけじゃない2017 ~塩尻・辰野(2)~

2日目、午前中は弥彦・一~四之柱の曳行、午後は小野・二~三之柱の建御柱を見物。

一番太い、弥彦・一之柱(目通し周囲3m)。小野神社の御柱はアカマツで、弥彦神社の御柱は皮むきされたモミの木を使っているらしい。

Img_17050401

難所・神社裏の狭い交差点を曲がる。

Img_17050402

鳥居をくぐって境内へ

Img_17050403

曳き付けの済んだ弥彦・二之柱(右)と、その脇を通る三之柱

Img_17050404_2

神社の反対側の脇を曳かれてゆく弥彦・四之柱

Img_17050405

小野・二之柱の建御柱

Img_17050406


Img_17050407

小野・三之柱の建御柱

Img_17050408


Img_17050409

宝投げでは、自分もお宝ゲット!

Img_17050410

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 3日 (水)

諏訪大社だけじゃない2017 ~塩尻・辰野(1)~

諏訪大社から一年遅れの酉年に行われる、小野・弥彦神社の御柱祭。
前回初めて訪れた時は、最終日の弥彦神社の建御柱だけを見物していたが、今回は3日間を通して観てやろうと、ホテルに連泊・・・。

初日の今日は、小野一之柱の建御柱が行われた。
ご祭神は、Nスペでおなじみの「タケミナカタ」

Img_17050301

JRを乗り継いで到着したときは、踏切を横断するところだった。

Img_17050302

設置場所に曳きつけられた一之柱。

Img_17050303

冠落とし後。ここの御柱の先端は、とがらせずに台形に仕上げてある。

Img_17050304

乗り手の中には女性の姿も(先頭から4番目)

Img_17050305


Img_17050306

柱が立ち上がると、こんな空中パフォーマンスも・・・

Img_17050307

午後3時過ぎ、事故もなく無事に終了。

Img_17050308

小野・弥彦御柱祭では、全ての柱が異なるルートで曳行される。おおむね午前中に曳行が終わり、午後は建御柱が行われるという感じのスケジュール。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »